Top / Story / 開発者プロフィール
Dr.Terry Willard Profile
開発者 Dr.テリー・ウィラード
Dr.テリー・ウィラードは薬用植物の特性・薬効効果などを、30年以上にわたり研究し続け、臨床医学ハーバリストとしてカナダ・北米において、この分野の第一人者として幅広く活躍しております。
多くのメディアに出演し、薬草植物の解説者としても活動
多くのメディアに出演し、
薬草植物の解説者としても活動
彼は雑誌・書籍及びラジオ・テレビ出演を通し、薬草植物の解説者としても定期的に活動しております(年間ラジオ約100本、テレビ20本)。

また、彼の活躍の場はカナダから北米全土にまでわたり、多くの健康食品製造会社・製薬会社などで顧問としてハ-ブの調合に携わっております。その例としてはNatrol社、Natures Way社、Natures Herb社、Herbal Life社、Sun Rider社、Quest社など多数を含みます。

講演活動としては、ナチュラルプロダクツなどのトレードショーのメイン講師として講演を努める他、多くの健康食品製造業社・製薬会社などでトレーニングも行なっております。
自らでフラワーエッセンスを開発
植物の持つ「成分」だけではなく「エネルギー(波動)」にも注目し、クリニックの診療に早くからフラワーエッセンスを取り入れておりました。しかしフラワーエッセンスが開発された約70年前と現代とでは、人々が心に抱える問題があまりにも変化し、従来のフラワーエッセンスだけでは対応できなくなってきた事を日々の診療の中で実感。自らフラワーエッセンスの開発に乗り出しました。多くの人や患者の協力の下、約200種類のフラワーエッセンスを開発、それがDTWフラワーエッセンスです。
カルガリーにてクリニックを経営
彼はカナダ・カルガリーにてクリニックを経営し、世界中から訪れる患者を診療する一方で、植物療法の学校「Wild Rose College」において教鞭をとり、フラワーエッセンスを始めとする植物療法の深い知識を広めることに尽力、今では彼の生徒が世界中で活躍しております。
医師としての診察等は2016年に引退し、現在は講演活動などを行っております。
ハーブ及び植物調剤調合顧問委員に任命
ハーブ及び
植物調剤調合顧問委員に任命
またDr.テリー・ウィラードは1986年からカナダ連邦政府機関のHPB(カナダにおける米国FDA【Food and Drug Administration=米国食品医薬品局=】に相当)におけるハーブ及び植物調剤調合顧問委員に任命され活動を続けています。
1998年10月3日、Canadian Health Food Associationに最年少で殿堂入りを果しました。
Dr.テリー・ウィラードは現在カルガリー郊外ロッキーマウンテン傾斜地のオーガニック・ハーブファームに住み、日々薬用植物の研究に励んでおります。
History
学歴
  • 1974年 カルガリー・ユニバーシティーにて理学士取得
  • 1975年 ドミニオン・ハーバルカレッジにて薬草学修士号取得
  • 1983年 コロンビア・パシフィックユニバーシティーにて植物経済学修士号取得
  • 1985年 コロンビア・パシフィックユニバーシティーにて保健学博士取得
    その他多数の代替療法資格を取得
経歴
  • 1992年 ワイルドローズカレッジ開校
  • 1992年 ワイルドローズ ホリスティック クリニック 開業
  • 1993年 10月3日 カナダへルスフード協会 殿堂入り
  • 1985年 コロンビア・パシフィックユニバーシティーにて保健学博士取得
    ※カナダ薬草処方家協会 会長
    ※米国ハーバリスト組合プロフェッショナル会員
    ※カナダオンタリオハーバリスト協会プロフェッショナル会員
著書
  • Feeling Good with Natural Remedies(1984年)
    (カナディアン・ベスト・セラーに選ばれ1086年8月米国でも発売開始)
  • Textbook of Modern Herbology 2nd edition(1988年)
  • Reishi: Herb of spiritual Potency and Medical Wonder(1990年)
    (日本語・ドイツ語に翻訳されている)
  • The Wild Rose Scientific Herbal(1991年)
  • Textbook of Advance Herbology(1992年)
  • Edible and Medicinal Plants of the Rocky Mountains and Neighbouring Territories(1992年)
  • Herbs: Their Clinical Uses(1998年)
  • Interactive Herbal CD-rom
  • Clinical Jewels(1998年)
  • Syndrome X: The mystery behind aging(2001年)
  • D-tox: Your Internal Tune Up(2001年)
  • Dr. Willard Encyclopaedia of Herbal Uses(2002年)
  • Vibration of Emotional Alchemy; Transform you Chronic Health Issue to Radiant( 2002年)
  • Mind-Body Harmony(2003年)
  • Flower Essence(2007年) 邦題「なりたい自分になれるフラワーエッセンス」 日本にて10月発売
執筆活動
定期執筆
Vitamin Retailer, Herbs for Health, Healthy and Natural,
Herbal Extract: Journal of the Canadian Association of Herbal Practitioner
不定期執筆
Alive Magazine, Vegetarian Times, New Hope publications その他多数
最近の活動状況
  • カナダ・アルベルタ州カルガリー「Wild Rose Wholistic Clinic」 代表取締役
  • カナダ・Trophic Canada社 顧問
  • カナダ・アルベルタ州カルガリー「Wild Rose College of Natural Healing」教授
  • 米国・Natrol Inc社 科学部門顧問コンサルタント
  • カナダ・Chiron Consultant Incリサーチ・ディレクター
  • カナダ・Chiron Organic Herb Farm理事
弊社株式会社トリニティフォース代表取締役
DTWフラワーエッセンス共同開発者
石原 樹里
アメリカ・ヨーロッパなどで美容と健康に関わる各種セラピーの資格取得、リサーチ・研究を30年以上に渡り行い、総合美(トータルビューティー)を提唱。
当時現役カナダのクリニックの医師、テリー・ウィラードと共に日本人に合う、 「DTWフラワーエッセンス」を開発。

オルタナティブアカデミー主任講師、DTWフラワーエッセンス・マスターインストラクター、日本フラワーエッセンスカウンシル・マスターインストラクター、メンタルビューティーコンサルタント、ハーバルセラピスト、セラピー研究家、植物療法研究家、ポドロジスト、米国IACAカウンセラー、NPO日本ハーブ振興協会正会員NPO日本ハーブ振興協会専任講師という様々な一面も持つ。
英国オーラソーマ、アロマセラピー等修得、植物療法(ハーバルセラピー)においてはカナダのDr.テリー・ウィラードに師事。
更に自身の開発したフラワーエッセンス等の商品を活用し、第5回「ミセス日本グランプリ」50代部門にてグランプリを受賞。
現在では、美と健康にまつわる様々なセミナー活動を行い、特に感情や心理面に作用する「フラワーセラピー」のカウンセラーとして1万人以上もカウンセリングを実施しております。